再建築不可物件のお片づけとその後

こんにちは。サガミリユースの宮本です。皆様は、日本の誇りである「桜」を楽しむことができましたか。私は、桜ほど美しく可憐な花はないのではないかと思います。四季のある日本の風土に感謝する毎日です。

さて、4月号のコラムでは「再建築不可物件のお片づけとその後」というテーマでお届けいたします。

kataduke1一戸建ての物件を所有されている方なら聞いたことがあると思いますが、日本の登記されている物件は全て建築基準法に基づき、建築されます。しかし、建築基準方に満たされていない物件でも建物の引渡しがなされ、販売されるケースがあります。建物はしっかりしているし、住むのにはまったく問題ない物件であるのに、建築基準方に抵触している物件であるために、資産価値がほとんどない状態で、相続が発生します。

このような物件は、ほとんどの場合買い手がつきませんから、二進も三進もいかないわけです。

そのような時に、まず最初にご遺族(相続人)の方から頼まれることは、家屋のなかにある「残置物の撤去」です。次に依頼されるとことは、「家屋の解体工事」です。相続人の方のイメージは、資産価値がほとんどない建物を取り壊し、更地にして国に返納するという一つの着地点しかイメージがわきません。なにせ、再建築不可物件ですからね。

kataduke2そこで、私たちサガミリユース社の「残置物撤去の作業」に入らせていただくのですが、その後に一つの着地点しかイメージがわかなかったことが、複数の着地点が存在していることに気がつきます。物件に対して「残置物の撤去作業」を行うと、再建築不可物件であったとしても、様々な選択肢があることに気がつきます。部屋の中に物がある状態とない状態では明らかに物件の価値が変わるのです。同じ土地でも、築年数が経っている家がある土地と家がない土地では、評価が変わってきます。家の付いていない土地の方が評価が高いのです。

土地だけならいろいろな活用ができるのに対して、家があると住居としてしか運用ができないからです。同様に、残置物の撤去が行われた物件には、いろいろな活用方法のアイディアが降ってくるものです。サガミリユース社で残置物の撤去作業をした再建築不可物件の多くは、解体工事をして更地を九人に返納するのではなく、シェアハウスや民泊事業に利用されるようになっています。

kataduke3資産価値としてはほとんどないものが、収益物件に変わり、キャッシュフローを生み出すようになるのも、スタート地点は「残置物の撤去」があったからなのです。ですから、「再建築不可物件」だからといって、「資産価値がない」と悲観しないでください。

サガミリユース社は単なる残置物の撤去作業だけではなく、残置物がなくなった後の家屋の利用方法についてもご提案させていただきます。ぜひ、ご相談ください。相続関連問題のサポートプロ集団と提携しております。

フリーダイヤル0120-266-676